今日の1曲は何ですか?
e0011904_14382.gif

今から約7年前、コンビニに500mlのペットボトルが置かれるようになり、
私たちのジュースの買い方は大きく変わりました。

それまでは缶か紙パックだったため、その場で飲みきらないといけないのが普通でした。
それが500mlのペットボトルの登場で自由に持ち運びができるようになり、
ジュース1日1本の時代に突入しましたように思います。

おそらく多くの人がそうであると思うのですが
朝、コンビニなどに寄ったとき
「今日は何のジュースにしようかな?」と考えていると思います。
例えば、さっぱり緑茶にしようかな?それとも、少し甘めな感じで紅茶かな?
たまには、甘い飲み物でオレンジにしてみようかなという感じでしょうか。

そんな感覚と似た現象が、今、音楽の世界で起ころうとしているのではないかと
感じさせられます。
それは、8月に日本でもオープンしたiTunesMusicStoreを代表とするネットの
楽曲配信サービスです。(以下iTMSと表記)

今回は利用者が多いと思われるiTMSを取り上げて話を進めたいと思います。
<iTMSにアクセスするためには、iTunes(無償)をダウンロードする必要があります>
iTMSで配信される1曲の標準価格は150円と500mlペットボトルと同じ値段です。
クレジットカードでも買えますが、セブンイレブンでも発売が始まった専用の
プリペードカードを買って登録すると初心者でも簡単に購入することができます。
僕もこのカードを使って買い始めたのですがそのときに新しい買い方が生まれてきたのです。

それは今まで音楽を買うときには、CDアルバムで買うことが多かったので
1曲を手に入れるにもまとめて買うしかありませんでした。
そのことからか 音楽=高い という印象もありました。
また、音楽を手に入れるにもCDショップに行かなければならないので、
週末に音楽を手に入れるという印象があります。

しかし、iTMSが始まった後は、パソコンで仕事を始める前に、
今日は元気に作業がしたいからロックっぽい曲がいいなと思ったり、
少し切ないくらいの曲が今聞きたいなと思うとR&Bを選んで購入していたりするのです。
プリペードカードを使用するとMusicStoreに料金がストックされていますから
クリックすれば簡単に音楽がダウンロードできるのです。
手間がかからない、そして安さがこの購入スタイルを生んだ要因でしょうね。

ただ、少し残念なのはまだ音楽数が充実しているとはいえないところがあることです。
ヒット曲は抑えられているのですが、メディアプレーヤー業界で、appleのライバルであるsonyのレコード会社に所属しているアーティストの曲がまだ売られていなかったり、検索しても出てこない曲がたくさんあります。(sonyに関しては今後の参加が決まっています。)
また、売り上げのいい曲は値上げも検討されているというのが少し残念です。


どんなときに人は音楽を聴くのか?
そんなことを以前考えたことがあります。
その答えには暇つぶしなどいろいろありますが、大きな理由の一つとして、
音楽とは、人が気持ちを切り替える手段としてよく使う方法だと思います。

今日、こんな気持ちで1日を過ごしたいなとイメージしてその曲を買う。
そんな新しい音楽との付き合い方も楽しいですよ。
[PR]
by naomedia | 2005-11-27 01:04 | 音楽
<< 落語の面白さ アメリカン・ホラーから見る社会 >>