100円ショップはどこからきたの?
e0011904_1511516.gif

日本とアメリカの文化の差をテーマに3回にわたって
書いてきましたが、今回が最後です。
今回は100円ショップについて書きたいと思います。

100円ショップが日本で普及し始めたのはここ10年の話です。
それ以前は、スーパー等のイベントとして不定期に開催されていたものでした。
その頃は、商品といえばプラスチックの箱や洗濯バサミのように商品も限られており、
プラスチックの製品が多くを占めていた気がします。
でも店舗として独立した後は、
生活に必要な小物のほとんど欲しいものが揃ってしまうくらい商品が充実していますね。

このような変遷を見てきたので、
私は、100円ショップは日本独自のものと思ってきたのですが
アメリカにも同じものがありました。
もちろん向こうは単位がドルなので、1ドルや99セントショップというようになります。
売っているものは食器、お菓子、雑貨、日用品と何でも揃い、
商品自体は違いますが内容は日本のダイソーなどとほぼ一緒です。
日本とほぼ同じ様子ですが、お店での売れ筋商品を聞いてみると、
1ドルワインらしく、入荷するとすぐに売れてしまいいつも品切れ状態のようです。
酒類がおいてあるところが日本との法律の違いでしょうね。
日本では酒税も関係し、100円では置けないのでしょう。


e0011904_1455581.jpgそれでは、100円ショップとはいったい
どこで生まれたのでしょう。

アメリカでは、「日本にはこんなお店あるの?」と何人かに質問され、僕が日本で生まれたものと信じていたように、現地の人はアメリカで生まれたものだと思っているようです。

今回このコラムを書くにあたり、いろいろ100円ショップのルーツを調べてみたのですが、決定的なものは見つかりませんでした。
(僕が行ったお店の歴史を読んで見ると1986年に1ドルショップの1号店を開店と書いてあり、日本よりも前であることがわかります。しかし、いくつも同じような会社があるのでルーツは定かではありません。)

ただこの形式のお店は、日本やアメリカに限らず、
ヨーロッパでは1ユーロショップ、
中国では一元店と世界に展開していることがわかりました。
世界中、文化は違っても、すべての商品が手軽な額で買えるわくわく感と、
生活だけではなく、趣味においても遊び心も満たせてくれている楽しさは共通のようですね。
[PR]
by naomedia | 2006-01-25 15:03 | アメリカ
<< 新しい表参道に期待 日本人はショッピング好き? >>