バラは日本に生えている!?
e0011904_219132.jpg

今年もバラが咲く季節になりました。
バラは花の中でも特別なイメージを持っていますね。
高貴であり、優雅であり、バラといえばヨーロッパのイメージが強くあります。
王族が住んでいた宮殿にも必ずバラはありますし、最近、流行のイングリッシュガーデンでも
バラは特別な存在として植えられています。

しかし最近知ったのですが、バラの自生地はヨーロッパではなく
中東から中国にかけての地域で特にモンゴルや中国の内陸に多いそうです。
そして、私はとても意外に感じたのですが、
ここ日本にも何種類ものバラが今でも自生しているというのです。

もちろん、現在よく見る園芸用のバラはかなり長い年月をかけて
品種改良してきたものなので、形がかなり違うことは予想できたのですが
それでもいくら想像しても似た植物が日本の山に生えているイメージができませんでした。


しかし、この自生の事実を知ったとき、私の中でずっと解けなかったナゾが1つ解けました。
それは、私の出身地である茨城県の名前の由来に関わるものです。

私は小学生の時に茨城の名前の由来を本で知りました。
茨城の名前の由来は、2つあり
約2千年前、「黒坂命(くろさかのみこと)がイバラで作った城で、
この土地に住んでいた賊を退治した」
という説と
「黒坂命(くろさかのみこと)が、茨城の山に穴を掘り生きていた賊(上記とは別の人とされる)を、彼らが外にいるときに穴に忍び込み、イバラを入れておき、そこに馬で攻めていきそのイバラで退治してしまった」という二つの説がありました。
((ちなみにこの賊と呼ばれた人々は当時の朝廷に刃向かった既に住んでいた人々を指し、黒坂命は崇神天皇の命を受けて、東日本の統治に来た人物とされています。))
二つの説のどちらが茨城の由来として使われて来たのかはわかっていません。

私は初めてこの話を知ったとき、
「そうか!バラはトゲがたくさん大昔はあるから武器になったんだ。」と納得しました。
ただ少し冷静になって考えてみると
日本にバラがあるということにどうも違和感があり、本当にこれを由来として話していいのだろうかと思うようになってきたのです。
いくら昔とはいえ、そんなに城が築けるほどのバラが関東地方にあったとは、これまた想像できなかったのです。
なんせバラのイメージはベルバラのような気品溢れるものでしたから。

その疑問が私にはあまりに不可解だったので、このストーリーを知っていながら周りの人には言えずにいたのですが、バラが自生していることを知り今回記事に取り上げてみることにしました。


こららの逸話から、茨城ではシンボルのコンセプトにバラが多く使われています。
茨城の花はバラですし、シンボルマークはバラのつぼみがモチーフにデザインされています。シンボルマークはこちらで見ることができます。(ただ英語版になってしまいます)
またJリーグの鹿島アントラーズのチームカラーが赤、(厳密にいうと深紅)なのは、バラの色からきたものです。
ただ、このあたりがバラ=イバラにならない、大きな誤解を呼ぶ結果を招いていたのです。

考えてみると、これらのシンボルが決められたのはここ数十年の話で、逸話当時のバラとは違い、園芸用のバラがモチーフとして使われ普及してきました。
そのうちに、バラが一人歩きし、本来のバラが忘れられていってしまったわけです。

それでは、これらの話に出てきたバラがどのようなものかというと、このようなものなのです。
これではさすがにバラといわれてもわからないのも当然です。
ただ、この植物が確かにバラだというのは、花では茎や葉を見れば確かに納得できます。
茎の画像はこちらから。

このように逸話に登場したバラと、現在のバラはまるで違い。残念な気持ちにさせられたというところはあるのですが、
好きな花の祖先が、自分の出生地の由来に使われていることは嬉しいことだと思います。
バラに由来する地名ですと、海外でもSanta Rosa(聖なるバラ)のようにバラからきている地名もあるので、自分の生まれた土地を説明するにはとてもしやすいと思います。

ただ、茨城を説明するのに、"Rose castle"="バラの城"と説明するのはあまりにイメージにギャップがありすぎてかえって説明に苦労させられそうです。



今年も私の家の庭でたくさんのバラが咲いています。こちらの写真もどうぞ。 

参考サイト・・・岡山理科大学 総合情報学部
[PR]
by naomedia | 2006-05-31 02:25 | カルチャー・エデュケーション
<< ゴリラに気付かされたこと クロアチアのチェック柄にせまる >>