50mを泳ぎきった気分
e0011904_028227.jpg

先日、これまでの記事を数えてみるとちょうど50回でした。今のようなペースで更新を始めたのが去年の10月中旬なので、1年で50回となりました。(都合で半年は休んでいましたが。)
毎回違うテーマを取り上げる為、方向性を見失うことや、自分のスタイルを未だに模索している状態ですが、来て頂いている皆さんには本当に感謝しております。

実はこのブログを始めるときにテーマが設定できなかったため、ルールを決めていました。
e0011904_0294883.jpg
その後、書いているうちに1つ加え
e0011904_0302831.jpg
これらのルールの中で書いてきました。ただ最近は同じような展開も生まれてしまうので
ルールに縛られすぎずに書いてみようと試行錯誤しています。

ブログを書いている人は感じている方も多いと思いますが、更新を続けていると悩みが生まれることがあります。代表的なものは「書きたくなくなったらどうするか」「来てくれる人が少ないのをどうするか」等です。そんな困った状態になったとき私は
「ウェブログ・ハンドブック レベッカ・ブラット著」を何度も開いています。
この本にはどのブログサービスがいいかや、訪問者をどのように増やすかなどというような一般的なブログの指南書のようなことは書いてありません。
書いてあるのは「ブログを通して得られる大切なものは何か」です。読みやすいですがとても分析的です。ブログの持つ本質について書かれています。
実はブログを始める前に一度読んでいたのですがそのときには理解できない内容が多かった記憶があります。逆に言えばブログを運営していて初めて直面する問題について詳しく書かれています。


e0011904_0314215.jpg著者のレベッカさんはカリスマブロガーで、ブログが誕生した頃からブログを運営し、世界中に拡大してきた様子や自分や他の人のブログの体験をもとに書かれているので他の本に比べ説得力があります。
実はレベッカさんとは講演で来日した際と、米国で1度ずつお会いしたことがあり、お会いする前に本は読んでいましたが、当時私はまだブログを持っていなかったためブログについての話をあまりしませんでした。今は後悔ばかりです。しかし2度お会いしたことが私にブログをやってみようという気持ちを与えてくれました。





本の内容は運営についてが多いですが、こんな一節があるので紹介したいと思います。
e0011904_0311088.jpg
ドキッとさせられる文章ですが、閲覧数は誰でも気にしますし、ブログを書いている以上少しでも多くの人に見てもらいたいものです。もし誰にも見られなくていいというなら、ブログを公開する意味がなくなってしまいます。
私が書く目的を失いかけてしまうときも、ほぼこれらの要素が関与しています。
閲覧数を意識しだすといつまでたっても満足できないものです。人気ブログを運営しているレベッカさんですら数には不満ばかりだと本の中で書いています。
ブログをつけることで何がプラスなのか、他の人とのコミュニケーションなのか、知っていることを共有したいのか、自己表現したいのか、目的を忘れずに更新していきたいですね。

タイトルの50mを泳ぎきった気分とは、迷いながらもスタイルを変え書いてきたのが、50mのプールを何度も足をつきながら泳ぎきった気分に似ていたのでつけました。私自身、安定しないスケジュールで動いているのでいつまでこのブログを続けれるかわかりませんが、いい記事を書けるようになることを目的に更新していきたいと思っています。
そのためには、今回のように1800字も書いているよな文章ではなく、まずルール⑥として「800字に収める」を加え、少しでも簡潔に書けるように努力したいと思います。


<参考文献>
ウェブログ・ハンドブック
レベッカ ブラッド (著)   毎日コミュニケーションズ

<リンク>
ウェブログ・ハンドブック 立ち読みコーナー
レベッカ ブラッドさんプロフィール
[PR]
by naomedia | 2006-10-15 00:28 | カルチャー・エデュケーション
<< 7年前の流れ星を追いかけて 不都合な真実 >>