なんだかんだで、野球の年
e0011904_1363075.jpg
今年1月、「2006 -スポーツイベントの特色-」という記事で、トリノオリンピックとW杯サッカーという大きなスポーツイベントが複数開催され楽しみだと書きました。
しかし、この一年のスポーツを振り返ると、なんだかんだで野球が一番盛り上がっていたのではないかと思います。

2月に開催されたトリノオリンピックは、オリンピック自体はとても面白かったのですが、日本のメダルという結果だけをみると(メダルの数や色のみを評価することはとてもよくないことだと思いますが。)最後に取れた荒川さんの金メダルに救われたものの、残念なものがたくさんありました。
そして6月に迎えたW杯サッカーは、残念ながらオーストラリアとの第1戦で89分に2点目を入れられた時点で、ほぼ終わってしまいました。
フランス大会では出場に意義があったため、3戦とも楽しめましたが、今回は本当に初戦のみでほぼ望みが消え、最も盛り上がらないW杯となりました。
そんな不完全燃焼の中、コンスタントにスポーツの話題をさらい続けたのが野球です。

e0011904_12594769.jpg
春には、WBCで優勝し盛り上がりました。
スポーツ観戦が好きな私ですが、正直始まる前はWBCには関心の低いものでした。
きっと多くの人が同じだったと思います。
しかし韓国に敗戦の末、本当に瀬戸際に追い込まれながらも、そこからまるで敗者復活戦のように這い上がっていき優勝するドラマチックな展開が一気に日本中を釘付けにしました。


e0011904_130578.gif
そして、夏。
W杯が終わり落胆していたところに全くのノーマークだった甲子園が、この夏をより熱いものにしてくれました。はじめのうちは、駒苫の田中投手のピッチングを見ていて彼に注目が集まる大会になりそうだなと思っていたのですが、急にハンカチを使う斉藤投手に注目が集まり、持ち上げられました。
それぞれタイプは違いながらも力が拮抗したため、まるで物語のようにドラマチックな展開で決勝戦は展開し、引き分け再試合へ。そして再試合でも同じように接戦になったのですから日本中が沸き立ちました。
そして両チームの選手とも、真直ぐに野球に取り組む姿にも心打たれました。
相手を単に敵視するのではなく、敬い、逃げることも小細工もなく向き合う姿が見ている側にとても気持ちよく、スポーツの良さを認識させてくれました。


e0011904_1313952.gif
そして秋になり、プロ野球も終盤になり俄然面白くなったのは今年もやはりパ・リーグでした。3チームのどれが優勝してもおかしくない僅差のなか、最後のスパートで力を発揮した日ハムが優勝し、北海道中を熱くし、その後の日本シリーズも制しまた盛り上がりました。
この優勝は、北海道の盛り上がりに注目が行きますが日本シリーズでは日本全体がどこか日ハムの応援に回っていた気がします。
“新庄効果”ももちろんあるでしょうが、移転して、気分一新フレッシュな日ハムがとても魅力的に見えました。サッカーが好きな私としては、去年のロッテ、今年の日ハムといい、サッカーで結果を出している地域密着を野球でも成功している両チームがチャンピオンになっているのをうれしく感じます。


e0011904_132835.gif
冬は冬で、ストーブリーグが例年になく高い注目を集めることになっています。
松坂投手の移籍を代表に、FAを行使する大型選手が目立ち、とても活発な移籍となっています。


このように蓋をあければ春夏秋冬、野球に惹きつけられた年だったと思います。
野球人気が低下、視聴率が低下といいますが、私は今年何度も面白い野球を見て、魅了されました。ただ、この記事の中で1つ触れなかった部分が野球には存在します。
それはセ・リーグです。
つまらない、人気が今までよりも落ちているというのは今のセ・リーグに言えることではないでしょうか。
結局、巨人がくしゃみをして、それが近くにいたセ・リーグにうつったとでもいうべきでしょうか。
最近、「子育ても 介護もしない ジャイアンツ」という川柳が人々の共感を得ているようですが、強引な巨人に嫌気がさした人々が他のチームに愛すべきところをみつけたか、少し離れた立場から面白いゲームを見つけては楽しんでいるように思います。

人気がない、メジャーにとられていると哀れむ声が多数ですが、人気が一つのチームに集中することなく、様々に分散していっていると思います。
このように分散していくことを、人気の低下と捕らえるのではなく、新しい野球の構造が生まれていると捕らえたほうが、野球の将来像としては面白いものが待っている気がします。


今年、多くの人を沸かせた試合はどれも“ドラマチック”でした。
そして共感し、自分が応援すべき対象を私たちは毎回見つけることができました。
このドラマチックな野球が今年だけで終わらず、来年以降も見られるように続いて欲しいと思います。
[PR]
by naomedia | 2006-11-18 12:47 | スポーツ
<< 駄菓子のなかのグッドデザイン 10年前の未来像と現在の日本 >>