PicLensの3D 表示機能
e0011904_1713157.gif
ブラウザのFirefoxは拡張機能が自由にダウンロードでき、自分の好きな機能を
追加することができるので僕もたまにダウンロードしては追加しているのですが
今日試してみて驚かされたソフトがあるので、紹介したいと思います。
PicLensというソフトでGoogleやYahooの画像検索や写真共有サイトの
Flickrの写真などネット上に上がっている写真が3Dの空間に浮かんでいるかのように見ることができます。

以下の画像は、僕のFlickrをPicLensを使って開いた画面です。
e0011904_15173210.jpg

僕は存在を知らなかったのですが去年の夏頃にはリリースされていて、既にgoogle の画像検索で表示される画像をスライドショーとして見ることができていたようです。
それが最近のアップデートにより3Dの空間で眺められるような機能が追加されたということでした。

実際に使ってみた感想は、軽いソフトウェアで写真もブラウザで見る場合にはページごとに区切られてしまいますがページの境がなく閲覧できるのでサクサク見られて面白いです。操作もすべてマウスでできるので慣れるための苦労もありません。
黒い背景なのでどこかMac OSXのLeopardのCover Flowに似ている印象があるのですが、動きはGoogleの画像管理ソフトのPicasaに似ています。
浮遊感や動きのリアルさを追求したのか動きは非常にスムーズなのですが、全画面でゆらゆら動く写真を長時間眺めているとどこか酔ったような感覚をもたされます。
この辺りも問題点もPicasaに似ている点です。

PicLensに表示されている写真から元のページへのリンクもスムーズで、ネットの速度さえ追いつけばどんどん画像を読み込んでくれるのでこれらの写真がネット上にあることも忘れさせられます。

既にFirefoxを使っている方でしたら簡単で、サイトにいき
こちらがFirefox向けのページです。)
ダウンロードしてFirefoxを再起動すればすぐに使えます。
InternetExprolerでも使えるそうですが、機能が劣ることとIE7にはまだ未対応ということで使うことはできません。
こちらがInternetExplorer向けのページです。)

e0011904_15175919.jpg

提供しているサイトのTopページに
Think beyond the browser.
というメッセージが書かれていますが、まさにその通りだと感じました。
拡張機能のイメージと言えばおんぶにだっこというイメージならば完全にだっこされる側だと思っていた物がそれ以上の物になった気がします。

現在この機能で見られるサイトはいくつかのサイトに限られ、また画像の閲覧だけなのでどこか物足りなさもあるのですが
もしよければ試してみてください。

僕個人としてはこのソフトを使っていて、大学生のこのに研究した3Dブラウザの思い出が蘇ってきました。
[PR]
by naomedia | 2008-01-31 17:17 | アート ・ デザイン
<< アメフトの面白さがわかったとき 車が運転できるようになって >>