スーパーボウルのCM 2008年のラインナップ 
e0011904_1533646.gif
先日行われたスーパーボウルは友人の家のリビングで観戦しました。
リビングといっても、友人たちが25人以上も集まって、プロジェクターとテレビの競演で大騒ぎしながらの観戦という感じです。
試合も最後に逆転という展開だったので大盛り上がりでした。

僕自身アメフトが好きなので試合も楽しみだったのですが、本当にこの日を楽しみにしていたのは試合の途中で流れるCMです。
試合は生中継で日本でも見ることができますが、1番高い広告費として知られる有名なTVCMはアメリカ国内でしか見ることができません。これも"アメリカならではの経験"の1つです。

今年、30秒あたりについた放送料は約3億円といわれています。それを1分間使ったCMが多く、また映画並みの映像や有名人を起用して作られている物も
多いので一体この短時間にいくらかけているのだろうと想像してしまいます。

ちなみに日本にいるとき、試合は大切だけれど果たしてそれだけのお金をかけたCMを人は見ているのだろうか?トイレに行ったりしないのかと疑問だったのですが
この答えは単純でみんな"見ます"
それも試合よりも、CMになった方が視聴者の関心が集まるくらいです。そのくらい既にCMの域を超えていて試合の途中で流される楽しみとなっています。
また大勢で見ているので、それぞれのCMに対して、みんなで大笑いすることもあれば、つまらないと一斉にブーイングとなるので、ある種諸刃の剣ともいえるなと感じました。

それだけの関心の高さが象徴されるようにスーパーボウルの後には、流されたCMだけを集めた特設サイトがいくつか解説されていてみることができます。
myspace.com 特設ページ
youtube 特設ページ

もちろん、見てそのまま見て頂いてもいいのですが、大変だと思うのでここでは僕がすべて見た中で特に印象に残ったものを紹介したいと思います。
CMの形式としては、何を広告しているCMなのか知らせずに人々の関心を惹いておきながらオチとして会社名がでるというものが多いので社名は伏せて見て頂きたいと思います。

素直に楽しめるもの
01
02
03
04

簡単に解説を書いておきますと
01はFedexのCMで新しい輸送システムとしてGPSとナイトスコープの伝書鳩を開発したがいざ始めるとトラブルが続きで、やっぱりFedexにしようというストーリーです。

02はご存知の通り、マイケルジャクソンのスリラーのプロモーションビデオのパロディ。なぜトカゲかというと、Sobeという飲料メーカーのマスコットがトカゲで瓶に刻印されています。(最初は飲んだときはぎょっとさせられました)

03は、まさに映画並みのクオリティ、ペプシらしい笑いがちりばめられたCMです。それも出演しているのがジャスティン•ティンバーレイク(歌手で男性版ブリトニーともいえるアイドル)で間抜けな姿ばかりがでるので僕はかなりウケました。

04は単純明快、このタイヤなら事故が回避できるという内容を面白くしたもの、このCMは試合開始直後に流されてその後にシリーズで試合中盤に流された
こちらのCMと連動していてずっとウケてました。


他に多くの人にわかりやすいものとして、映画のストーリーを引用したものがあります。
05 ロッキーの曲にのせて
06 これはちょっとわかりにくいですが、ゴットファーザー1の1シーンがモデルです。

ちなみに僕が見ていた家で一番ウケていたのは以下のCMでした。
1番ウケていたCM
チープな作りと早さで、日本人の僕にはいまいち"ツボ"がわからなかったのですがウケてました。広告としては時間も短いですし成功です。

後はシリーズ物で何本も流されていたバドライトのCMが人気でどのCMもよかったのですが特に以下の3本が面白かったです。

バドライト1
バドライト2
バドライト3


特色が出ていて面白かったのはコーラ戦争ともいえるペプシとコカコーラです。
ペプシ
コカ•コーラ

ペプシはポップさが売りで出してくる感じで、曲は15年の古い曲ではありますが、見ていると一緒に動き出したくなるような作りです。別の商品でジャスティン•ティンバーレイクを起用しているのと同じようにここでも歌手が何人も登場してきますし、何より、CMに入ったときのリポーター2人のバックが本物の放送室のようで試合中にみると最初に驚かされます。
対してコカ•コーラは日本でもクリスマスに心が温まるようなCMを例年流していますが、今回もファミリー向けのレトロさとファンタジーさを感じる作りになってます。

総じていれることは、プレゼンテーションの手法と同じで、いかに人を笑わせることで印象に残すことができるかとうことが重要かということを感じます。
他にも映像にお金をかけているものもあるのですが、見たところで「それで?」となってしまいます。

今回は12本を選んで紹介しましたが、他にも面白いものがありますので時間ありましたら、ぜひご覧になって見て下さい。
[PR]
by naomedia | 2008-02-10 15:41 | アメリカ
<< 別の側面からみたスーパーボウルCM オバマガール >>