カテゴリ:音楽( 3 )
今日の1曲は何ですか?
e0011904_14382.gif

今から約7年前、コンビニに500mlのペットボトルが置かれるようになり、
私たちのジュースの買い方は大きく変わりました。

それまでは缶か紙パックだったため、その場で飲みきらないといけないのが普通でした。
それが500mlのペットボトルの登場で自由に持ち運びができるようになり、
ジュース1日1本の時代に突入しましたように思います。

おそらく多くの人がそうであると思うのですが
朝、コンビニなどに寄ったとき
「今日は何のジュースにしようかな?」と考えていると思います。
例えば、さっぱり緑茶にしようかな?それとも、少し甘めな感じで紅茶かな?
たまには、甘い飲み物でオレンジにしてみようかなという感じでしょうか。

そんな感覚と似た現象が、今、音楽の世界で起ころうとしているのではないかと
感じさせられます。
それは、8月に日本でもオープンしたiTunesMusicStoreを代表とするネットの
楽曲配信サービスです。(以下iTMSと表記)

今回は利用者が多いと思われるiTMSを取り上げて話を進めたいと思います。
<iTMSにアクセスするためには、iTunes(無償)をダウンロードする必要があります>
iTMSで配信される1曲の標準価格は150円と500mlペットボトルと同じ値段です。
クレジットカードでも買えますが、セブンイレブンでも発売が始まった専用の
プリペードカードを買って登録すると初心者でも簡単に購入することができます。
僕もこのカードを使って買い始めたのですがそのときに新しい買い方が生まれてきたのです。

それは今まで音楽を買うときには、CDアルバムで買うことが多かったので
1曲を手に入れるにもまとめて買うしかありませんでした。
そのことからか 音楽=高い という印象もありました。
また、音楽を手に入れるにもCDショップに行かなければならないので、
週末に音楽を手に入れるという印象があります。

しかし、iTMSが始まった後は、パソコンで仕事を始める前に、
今日は元気に作業がしたいからロックっぽい曲がいいなと思ったり、
少し切ないくらいの曲が今聞きたいなと思うとR&Bを選んで購入していたりするのです。
プリペードカードを使用するとMusicStoreに料金がストックされていますから
クリックすれば簡単に音楽がダウンロードできるのです。
手間がかからない、そして安さがこの購入スタイルを生んだ要因でしょうね。

ただ、少し残念なのはまだ音楽数が充実しているとはいえないところがあることです。
ヒット曲は抑えられているのですが、メディアプレーヤー業界で、appleのライバルであるsonyのレコード会社に所属しているアーティストの曲がまだ売られていなかったり、検索しても出てこない曲がたくさんあります。(sonyに関しては今後の参加が決まっています。)
また、売り上げのいい曲は値上げも検討されているというのが少し残念です。


どんなときに人は音楽を聴くのか?
そんなことを以前考えたことがあります。
その答えには暇つぶしなどいろいろありますが、大きな理由の一つとして、
音楽とは、人が気持ちを切り替える手段としてよく使う方法だと思います。

今日、こんな気持ちで1日を過ごしたいなとイメージしてその曲を買う。
そんな新しい音楽との付き合い方も楽しいですよ。
[PR]
by naomedia | 2005-11-27 01:04 | 音楽
心と空間を揺さぶる透きとおったサウンド
e0011904_1305418.jpg

僕は小さなラジオを持っています。
スピーカーは小さなものが真ん中に一つだけ。
しかもアンテナもついていないせいか、ノイズが多くて決していい音は出ないんです。
そんなラジオから今週信じられない曲が流れてきて驚かされました。

曲名は「 State of Mind 」
まるで、ギターの弦がふるえている様子が目に浮かんでくるようなきれいな音色にトランペットのアクセントがきいたリズム。そして男性の優しいボーカルで構成されたシンプルでありながら力を持っているサウンドです。

この曲の試聴はこちらです
映像付き(real)・・・・ギターのテクニックがすごいです。
曲のみ(real/wmp


この曲は10月5日にリリースされたばかりの新曲で、
アーティストはRaul Midon (ラウル・ミドン)
新曲で、こんな感動的な曲に出会えたのは僕の記憶にないかも知れません。
そんな感動をそのままに、AmazonにアクセスしてCDを購入しました。普段は、iTunes Music storeを使い、オンラインで曲を購入しているのですが、この人の曲はCDで欲しいと直感的に思いました。

では、なぜこんなに心を動かすサウンドが作れるのか、しかもこのアルバムはデビューアルバムなのです。いったいどんな人なのか調べてみてすぐ納得の答えに出会いました。

アメリカ出身の彼ですが、生まれたときから目が見えない盲目のアーティストなのです。
そんな彼が奏でるギターの音だからこそ、僕の小さなラジオでもギターの弦が震える様子が伝わってきたのかも知れません。
そして、アクセントの利いたトランペットですが、トランペットではなかったのです。
その正体は"マウス・トランペット"
つまり、口からトランペットそっくりの音を出していたんです。これには、気づかされませんでした。見事なトランペットに聞こえるんです。(上記に表示した映像で見ることができます)

そしてもう一つ驚かされたこっとおして、ヘットフォンで聴くよりも、どんな小さなスピーカーであっても、スピーカーで聴く方がよく聴こえてくるんです。僕のラジオがそうだったように。
音は、空気を伝わって広がりますが、あのサウンドはヘットフォンのような閉鎖的な空気ではなく、自分を取り巻く空気を通してこそよさが伝わってくるのだと思います。いうならば、音が、空気を空間に変え、人を包み込んでいくという感じでしょうか。

実は先週、代官山ユニットでライブがあったそうですが、残念ながら僕はそのとき彼の存在すら知らなかったので行くことができませんでした。次にチャンスがあったときにはぜひ聴きに行きたいですね。CDには収録できない空気を感じてみたいです。

皆さんも、いい曲がそろっていますのでこのアルバムをぜひ聴いてみてください。
「State of Mind」以外にも「 Waited All My Life」も心を動かされた1曲ですね。
この曲はこちらで試聴できます。
real/wmp
その他、どの曲もとてもクオリティが高く、自信をもって紹介できる一枚です。


Raul Midon HP

[PR]
by naomedia | 2005-10-30 03:41 | 音楽
ゴールデンゲートブリッヂと「いとしのレイラ」
e0011904_223266.gif
3ヶ月ほど前、僕はカリフォルニア州に4週間滞在していました。
そのとき大学とオフィスを高速バスを使い、毎週片道5時間かけて往復していました。大学はサンフランシスコの南に、オフィスはカリフォルニアワインの特産地として知られるソノマ(サンフランシスコの北東約100キロ)にあったため、移動の際、必ずゴールデンゲートブリッチを渡り、計8回渡りました。

観光地の印象が強い橋ですが実際は生活道路として必要不可欠な存在です。日本でつり橋というと高くてあまり渡らない印象ですが、この橋は通勤通学に使われています。
料金はサンフランシスコに向かって渡るときのみ5ドル払うだけで、サンフランシスコから出る場合は無料です。つまり一回渡るのに実質かかる料金は250円ととても安いです。
(四国と本州を結ぶ明石海峡大橋の料金は片道2,300円だそうです。二つを比較すると日本の道路がいかに高いかがわかりますね。)

実際に渡った印象は、やはり圧倒されます。橋の北側は結構高い山なのですが、北側から渡るときは、山の陰から突然、巨大な赤い橋梁が現われるんです。バックにはサンフランシスコの街並みが見え圧巻でした。
特にオフィスから大学への移動はいつも夕方だったため、太平洋に沈む夕日で、いつも以上に赤く照らされる橋が印象的でした。

e0011904_22592512.jpgバスでの移動は乗っている時間が長かったので、いつもiPodで音楽を聞きながら乗っていました。そのときなぜか、あの橋が山の陰から現われるタイミングでいつも「いとしのレイラ」が流れてきたんです。(いとしのレイラはこちらで試聴できます)

渡るたび、あの曲が流れてきたせいで、もう僕の中では、あのパワフルなサウンドと橋の力強いイメージが切っても切り離せない存在です。でも、本当に不思議なんです。iPodでの音楽の聞き方は様々で音楽を飛ばしてしまったり、ハードディスクの内容も入れ替えていたのになぜかあのタイミングで流れてくるんです。

ブリティッシュロックとカリフォルニアの橋、そしてそれを聞きながら渡っている日本人。変な関係ですね。歌詞を知れ知るほどイメージとかけ離れてしまいますがあのリズムはとても合っていました。そしてパワフルなサウンドの後のピアノソロの部分を聞きながら太平洋を眺めるとなんとも心地よく感じました。またあの気持ちを味わいたいですね。

もし興味がありましたら、エリック・クラプトンのBALLADSというアルバムを聞いて見てください。「いとしのレイラ」の他にもいい曲がたくさん入っていて聴き応えがあります。
ちなみに3曲目の「サーカス」もかなり気に入っている曲です。このCDで始めて出会った曲で、切なくていい感じです。(サーカスはこちらで試聴することができます)

色々なタイプの曲が入っていていいアルバムですよ。
[PR]
by naomedia | 2005-07-23 23:01 | 音楽