<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧
心と空間を揺さぶる透きとおったサウンド
e0011904_1305418.jpg

僕は小さなラジオを持っています。
スピーカーは小さなものが真ん中に一つだけ。
しかもアンテナもついていないせいか、ノイズが多くて決していい音は出ないんです。
そんなラジオから今週信じられない曲が流れてきて驚かされました。

曲名は「 State of Mind 」
まるで、ギターの弦がふるえている様子が目に浮かんでくるようなきれいな音色にトランペットのアクセントがきいたリズム。そして男性の優しいボーカルで構成されたシンプルでありながら力を持っているサウンドです。

この曲の試聴はこちらです
映像付き(real)・・・・ギターのテクニックがすごいです。
曲のみ(real/wmp


この曲は10月5日にリリースされたばかりの新曲で、
アーティストはRaul Midon (ラウル・ミドン)
新曲で、こんな感動的な曲に出会えたのは僕の記憶にないかも知れません。
そんな感動をそのままに、AmazonにアクセスしてCDを購入しました。普段は、iTunes Music storeを使い、オンラインで曲を購入しているのですが、この人の曲はCDで欲しいと直感的に思いました。

では、なぜこんなに心を動かすサウンドが作れるのか、しかもこのアルバムはデビューアルバムなのです。いったいどんな人なのか調べてみてすぐ納得の答えに出会いました。

アメリカ出身の彼ですが、生まれたときから目が見えない盲目のアーティストなのです。
そんな彼が奏でるギターの音だからこそ、僕の小さなラジオでもギターの弦が震える様子が伝わってきたのかも知れません。
そして、アクセントの利いたトランペットですが、トランペットではなかったのです。
その正体は"マウス・トランペット"
つまり、口からトランペットそっくりの音を出していたんです。これには、気づかされませんでした。見事なトランペットに聞こえるんです。(上記に表示した映像で見ることができます)

そしてもう一つ驚かされたこっとおして、ヘットフォンで聴くよりも、どんな小さなスピーカーであっても、スピーカーで聴く方がよく聴こえてくるんです。僕のラジオがそうだったように。
音は、空気を伝わって広がりますが、あのサウンドはヘットフォンのような閉鎖的な空気ではなく、自分を取り巻く空気を通してこそよさが伝わってくるのだと思います。いうならば、音が、空気を空間に変え、人を包み込んでいくという感じでしょうか。

実は先週、代官山ユニットでライブがあったそうですが、残念ながら僕はそのとき彼の存在すら知らなかったので行くことができませんでした。次にチャンスがあったときにはぜひ聴きに行きたいですね。CDには収録できない空気を感じてみたいです。

皆さんも、いい曲がそろっていますのでこのアルバムをぜひ聴いてみてください。
「State of Mind」以外にも「 Waited All My Life」も心を動かされた1曲ですね。
この曲はこちらで試聴できます。
real/wmp
その他、どの曲もとてもクオリティが高く、自信をもって紹介できる一枚です。


Raul Midon HP

[PR]
by naomedia | 2005-10-30 03:41 | 音楽
サンタローザでの夏
e0011904_20105437.jpg

無事、アメリカから帰国いたしました。
Blogの更新を9月から再開するといいつつ私情により遅れてしまいすみません。
またいろいろな話題を取り上げていこうと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。


ケーブルカーが港町を登っていく観光都市、サンフランシスコからまっすぐ北へ。真っ赤なゴールデン・ゲート・ブリッジを対岸へ渡ると、サンフランシスコの町は霧の中に包まれていて、ビル群はゆっくり姿を隠していきます。観光名所のボートハウスが並ぶ湾を後にして、緑いっぱいの牧場や、ワインで有名なソノマを走り抜けます。そして、時間の流れが変わり始めた頃、サンタローザの町に到着しました。
「聖薔薇」と名づけられたこの町には、せわしない雰囲気はありませんし、カントリーサイド特有の人気のない様子でもありません。 (月刊MOE 2005年11月号 P.12)


私が今回滞在していた町サンタローザを今月号の月刊MOEが
「チャールズ・M・シュワルツの愛したサンタローザ紀行 ずっとこの町で暮らして」
という特集記事を掲載していたため一部引用させていただきました。
私がこの夏滞在していた町は、上記の文章のようにサンフランシスコから約100キロ北にあり、回りにはワイン用のブドウ畑しかない辺鄙な田舎町です。そんな町でありながら、なぜ絵本とキャラクターをテーマにしているMOEが記事を載せているかというと、少しタイトルにも入っていますが、スヌーピーの生みの親であるチャールズ・M・シュワルツさんが40年間住んでいた町として知られているからです。私は訪ねることはできませんでしたが、町には、チャールズ・M・シュワルツ・ミュージアムがあり、世界中からピーナッツのファンが訪れていると現地の人に聞かされました。私がスヌーピーの町であることを感じたのは、空港の名前がチャールズ・M・シュワルツ・ミュージアム空港だったということの方が大きいですね。
町の詳しい特集を今月号(2005年11月号)のMOEで扱っていますのでご興味がありしたらぜひご覧になってみてください。

私はこの町に訪れるのは2度目となるのですが、周りはとにかくブドウ畑に囲まれのんびりとした時間が流れており、夕方、町中の公園で楽器の演奏会などがあり、町中の人がバスケットに料理と地元のワインを入れ、折りたたみイスを持ち寄りワイワイ楽しんでいるという雰囲気です。(この演奏会に関してはまた別の機会に取り上げて書けたらと思っています)
滞在していた家の近くには、夕方や朝方には鹿がたくさんいて、夜になると天の川や流れ星が見え、とても素敵な場所でした。とくに天の川というものを映像でしか見たことがなかった私にとって、家の前のテラスで、地元のワインを飲みながら夕涼みをして星を眺めるという生活が夢のような時間でした。
とても、今回だけの記事では書ききれませんので、何度かに分けて少しずつ書いていけたらと思っています。
[PR]
by naomedia | 2005-10-16 20:12 | アメリカ