<   2006年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
駄菓子のなかのグッドデザイン
e0011904_11204235.jpg
サイコロキャラメルを皆さんもご存知だと思います。
ずっと同じパッケージなので、慣れてしまいあまり気に留めることもなかったのですが、最近久々に手に入れ、食べ終わった箱が机の上に置かれたままになっていたときにこのパッケージの持つ強さに気づかされました。

普段雑誌などでパッケージのデザインとして取り上げられるのは、オシャレでかっこいいものや、シャンプーのTSUBAKIのようにコストをかけて差別化を図っているものにばかりです。
しかしこのパッケージは立方体の箱に2色(白ベースの箱では青色の文字が加わります)で印刷されているだけのとてもシンプルで安価です。しかしそれにも関わらず、存在感がある面白いものなので思い取り上げてみることにしました。

この箱を冷静に眺めてみると、パッケージで大切な商品名は小さく、1つの面のドットの中間に書かれているという控えめなものです。
私たちにとっては既にこのパッケージ=キャラメルと反射的にわかってしまいますが、初めて見たと考えるとどんなものが入っているのか、どんな味がするかも想像しにくいのでかなり大胆なデザインに思えます。
しかし視点を変えると駄菓子屋さんを訪れた子どもにとって、限られたお小遣いのなかでお菓子も買いたい、でも安いおもちゃも買いたいというニーズのどちらにも答えられ、子ども心をついたデザインなのかもしれません。
試しに食べ終わったこの空き箱の蓋を閉め、転がしてみるとちゃんとサイコロとして機能しているのでうれしくなります。

中身のキャラメルももちろんおいしいのですが、とはいえこの味が食べたい!というほど中身に惹かれるわけではありません。比較的、普通なキャラメルが一箱につき2つずつ入っているだけです。やはりこの商品が長い間残っているのにはやはりこのパッケージの持つ存在感が多くの人を惹きつけている結果だと思います。

e0011904_1118632.jpg

今回はサイコロキャラメルという懐かしいものを取り上げてみたのですが、本当の懐かしさと、自分の子どもの頃に感じていたものにズレがあることにも気づかされました。
それは駄菓子屋さんで、ああこれは懐かしいなと思いこのキャラメルを手に取ったのですが、お店の人には
「そのキャラメルね、子どもはあんまり買わないのよ」と言われたのです。
自分では懐かしいと思い手に取ったものが子どもには余り売れていないということに不思議だったのですが、説明を聞いてわかりました。
「それ、一つで100円するでしょ。だから高くて子どもは買わないのよ。」
この言葉を聞いて本当の子どもの頃の記憶が蘇ってきました。百円玉一つを握りしめて買い物に行っていたころ、確かに私もこのキャラメルには手が出せずにいました。
あれ1箱で100円なら、10円のガムや、チョコ、イカそうめんなどをいろいろ楽しめるものをバランスよく買うとしていたのです。駄菓子のイメージの強いサイコロキャラメルも当時の私としては、スーパーなどで売っている一箱100円のチョコと同じく高く手が出なかったものだったのです。

小さな紅白の立方体を通してデザインの持つ力のことから、子どもの記憶も都合のいいように書き替えられてしまっていたことにまで気づかされ、うれしくも何かを失ってしまった自分に寂しさを感じる出来事でした。
[PR]
by naomedia | 2006-11-23 11:28 | アート ・ デザイン
なんだかんだで、野球の年
e0011904_1363075.jpg
今年1月、「2006 -スポーツイベントの特色-」という記事で、トリノオリンピックとW杯サッカーという大きなスポーツイベントが複数開催され楽しみだと書きました。
しかし、この一年のスポーツを振り返ると、なんだかんだで野球が一番盛り上がっていたのではないかと思います。

2月に開催されたトリノオリンピックは、オリンピック自体はとても面白かったのですが、日本のメダルという結果だけをみると(メダルの数や色のみを評価することはとてもよくないことだと思いますが。)最後に取れた荒川さんの金メダルに救われたものの、残念なものがたくさんありました。
そして6月に迎えたW杯サッカーは、残念ながらオーストラリアとの第1戦で89分に2点目を入れられた時点で、ほぼ終わってしまいました。
フランス大会では出場に意義があったため、3戦とも楽しめましたが、今回は本当に初戦のみでほぼ望みが消え、最も盛り上がらないW杯となりました。
そんな不完全燃焼の中、コンスタントにスポーツの話題をさらい続けたのが野球です。

e0011904_12594769.jpg
春には、WBCで優勝し盛り上がりました。
スポーツ観戦が好きな私ですが、正直始まる前はWBCには関心の低いものでした。
きっと多くの人が同じだったと思います。
しかし韓国に敗戦の末、本当に瀬戸際に追い込まれながらも、そこからまるで敗者復活戦のように這い上がっていき優勝するドラマチックな展開が一気に日本中を釘付けにしました。


e0011904_130578.gif
そして、夏。
W杯が終わり落胆していたところに全くのノーマークだった甲子園が、この夏をより熱いものにしてくれました。はじめのうちは、駒苫の田中投手のピッチングを見ていて彼に注目が集まる大会になりそうだなと思っていたのですが、急にハンカチを使う斉藤投手に注目が集まり、持ち上げられました。
それぞれタイプは違いながらも力が拮抗したため、まるで物語のようにドラマチックな展開で決勝戦は展開し、引き分け再試合へ。そして再試合でも同じように接戦になったのですから日本中が沸き立ちました。
そして両チームの選手とも、真直ぐに野球に取り組む姿にも心打たれました。
相手を単に敵視するのではなく、敬い、逃げることも小細工もなく向き合う姿が見ている側にとても気持ちよく、スポーツの良さを認識させてくれました。


e0011904_1313952.gif
そして秋になり、プロ野球も終盤になり俄然面白くなったのは今年もやはりパ・リーグでした。3チームのどれが優勝してもおかしくない僅差のなか、最後のスパートで力を発揮した日ハムが優勝し、北海道中を熱くし、その後の日本シリーズも制しまた盛り上がりました。
この優勝は、北海道の盛り上がりに注目が行きますが日本シリーズでは日本全体がどこか日ハムの応援に回っていた気がします。
“新庄効果”ももちろんあるでしょうが、移転して、気分一新フレッシュな日ハムがとても魅力的に見えました。サッカーが好きな私としては、去年のロッテ、今年の日ハムといい、サッカーで結果を出している地域密着を野球でも成功している両チームがチャンピオンになっているのをうれしく感じます。


e0011904_132835.gif
冬は冬で、ストーブリーグが例年になく高い注目を集めることになっています。
松坂投手の移籍を代表に、FAを行使する大型選手が目立ち、とても活発な移籍となっています。


このように蓋をあければ春夏秋冬、野球に惹きつけられた年だったと思います。
野球人気が低下、視聴率が低下といいますが、私は今年何度も面白い野球を見て、魅了されました。ただ、この記事の中で1つ触れなかった部分が野球には存在します。
それはセ・リーグです。
つまらない、人気が今までよりも落ちているというのは今のセ・リーグに言えることではないでしょうか。
結局、巨人がくしゃみをして、それが近くにいたセ・リーグにうつったとでもいうべきでしょうか。
最近、「子育ても 介護もしない ジャイアンツ」という川柳が人々の共感を得ているようですが、強引な巨人に嫌気がさした人々が他のチームに愛すべきところをみつけたか、少し離れた立場から面白いゲームを見つけては楽しんでいるように思います。

人気がない、メジャーにとられていると哀れむ声が多数ですが、人気が一つのチームに集中することなく、様々に分散していっていると思います。
このように分散していくことを、人気の低下と捕らえるのではなく、新しい野球の構造が生まれていると捕らえたほうが、野球の将来像としては面白いものが待っている気がします。


今年、多くの人を沸かせた試合はどれも“ドラマチック”でした。
そして共感し、自分が応援すべき対象を私たちは毎回見つけることができました。
このドラマチックな野球が今年だけで終わらず、来年以降も見られるように続いて欲しいと思います。
[PR]
by naomedia | 2006-11-18 12:47 | スポーツ
10年前の未来像と現在の日本
e0011904_2340015.gif
先日、クローゼットを整理していると、1996年の9月号のNewtonが出てきました。この本は私が中学生のときに初めて購入したもので、本屋で見つけたときには日本にもこんな本があったのか!と感動しながら手にしたことを今でも鮮明に覚えています。


e0011904_2336289.jpgそんな思い出がたくさん詰まった一冊を、今回読み直してみると「日本の未来」という記事が熟成されて面白くなっていました。この記事は2100年までの未来を予想するという内容ですが、記事の多くは10年後までの予定やビジョンで構成されています。
この号からちょうど10年が過ぎた今、その頃のビジョンとその後の結果がどうなっているのかを調べながら深く読んでみました。









この記事は
e0011904_23501413.jpg
以上の9つの分野で書かれていますが、今回は
「首都移転」「高齢化」「通信」の3つを取り上げてみたいと思います。


まずは首都移転ですが、記事には
e0011904_23563258.jpg
と書かれていますが、国が多額の借金を抱える現在となっては、とてもバブルの匂いがする話となっています。結局2003年に候補地を絞り込めないという形をとり凍結されました。


2つ目は高齢化です。記事によると
e0011904_032654.jpg
と書かれていますが、これは若干早まり2006年には突破してしまいました。このズレは、少子化が想像以上に進んだためではないかと思います。
”2007年までわずか10年余り。その間に何ができるだろうか”
と書かれていますが、悪くなった以外、結局打開策のないまま迎えてしまいました。


3つ目は通信網です。
ここまでは実現できなかった暗い話題になってしまいましたが、通信は予想を遥かに上回る結果となりました。他の分野の挿絵を見ると、いまだに夢いっぱいの絵に見えますが、この通信の挿絵だけは過去の絵に見えます。挿絵の携帯電話はとても大きいですし、電子手帳の液晶は白黒です。携帯と電子手帳が一体になりつつある現在、片手に携帯、片手に電子手帳というスタイル自体が時代遅れに見えます。本文には
e0011904_08355.jpg
と書かれていますが、すべて2010年を待たずして実現しました。
私の家は光ファイバーではありませんが、電線には来ています。あとは光ファイバーの導入を我が家が決断すればいいだけなので、事実上届いています。
しかし、この地上通信の急速な発達と比べると衛星通信の進歩は遅く感じます。記事には98年から衛星電話のサービスが始まり、世界のどこでも通話が可能になると書かれていますが、予定通り98年に始まったものの翌年には倒産し、ようやく2005年になって復活しましたが、今や普通の携帯電話でも人の住む地域でしたら世界中ほとんどの場所で使える状態です。
90年代の風潮としてテレビを含み通信は、衛星へという流れがあり、鉄塔はとてもアナログに見えましたが、結局は基地を日本中につくり、テレビは第2東京タワーの建設予定など地上からという方向になりつつあります。

10年という短い期間でみたので、ずば抜けた変化をあまり感じなかったと思いますが、冷静に考えてみると10年前にはこうやってblogを通して簡単に多くの人に自分の意見を伝えることもできませんでした。
ネットに接続するときも「ピー・・」という発信音を待ち、写真のあるページにいくとPCが固まることもしょっちゅうでした。
私が子どもの頃夢見た、コンピュータが喋りながら車の行き先を案内することも、相手の顔を見ながら電話するテレビ電話も、好きなだけ写真がとれるカメラも、すべて家庭に入ってきたのはこの10年です。

今回は3つしか取り上げませんでしたが、この9つの記事を見ていて残念なのは、政府主導のものはうまく進まず、民間主導のものばかりが夢を実現していることです。
この記事を10年ぶりに読むことで、最近の「官から民へ」という風潮の根源に気づかされてしまった気がします。
[PR]
by naomedia | 2006-11-02 00:09 | カルチャー・エデュケーション