タグ:アメリカ ( 5 ) タグの人気記事
別の側面からみたスーパーボウルCM
e0011904_17551383.gif

前回の記事
では、スーパーボウルの試合中に流れた面白いCMを紹介しましたが今回は流れたCMの中の1本を視点を変えて紹介したいと思います。

そのCMとはこちらです。

このCM、プロダクトRedの商品として発売になるDellのノート型PCのものです。
このPCを持っていればすごくクールで人々の注目を集めステータスがあるということを表現していると思います。
まずプロダクトRedとは何かを説明しますと、ロックバンドU2のボーカルのボノとNGOが発起人となり始めた活動で、
企業が赤い色を用いた商品を売り出し、その売り上げの一部を寄付する形で
HIV/エイズ、結核、マラリアの対策費にしようという活動です。
特にHIVに重点を置いていて、他の商品ですと赤いiPodでしたり、赤いモトローラの携帯電話が有名です。


ただ、このCMに関してだけいいますと、僕が見ていた会場では
最初は興味は持ってみんな眺めていたのですが、CMが終わるに従ってブーイングに包まれてしまいました。
あまりに単純で、あり得ない話でありながらまじめすぎる作りに、スーパーボウルのCMとしてはちょっと受け入れられにくかったのかなと感じまています。

そのような中でもプロダクトRedのキャンペーン等、ソーシャル活動について大学で勉強をしたり活動をしている人たちは僕も含め、おお!という感じで顔を見合わせていました。

前回の記事でも書きましたがスーパーボウルのCMとは高額な放送料と制作費で企業が威信をかけて放送する広告です。
現在の大量消費時代、裕福な先進国の象徴のような場で、このようなCMが流れたことに
僕はそれなり価値があったと感じています。

それだけ広告にかけられるお金があるならそちらを寄付した方がいいのではないかと
考えてしまいますが、商品を買わせることだけではなく、このような活動も行っているいうことを多くの人に知らせるにはいい機会だったと思います。
とても残念なのはキャンペーンについて触れる時間がもう少しあればよかったのにというところでしょうか。最後のカメラのプラッシュがたかれる位の時間だけメッセージが流れるだけでは少なすぎます。
そこをしっかりと説明しつつ見ている側に活動の意思が伝えることができれば、ブーイングという結末にはならなかったと感じて残念でなりません。

以下はプロダクトREDの情報です。
公式サイト
youtube RED channel
[PR]
by naomedia | 2008-02-12 17:45 | アメリカ
スーパーボウルのCM 2008年のラインナップ 
e0011904_1533646.gif
先日行われたスーパーボウルは友人の家のリビングで観戦しました。
リビングといっても、友人たちが25人以上も集まって、プロジェクターとテレビの競演で大騒ぎしながらの観戦という感じです。
試合も最後に逆転という展開だったので大盛り上がりでした。

僕自身アメフトが好きなので試合も楽しみだったのですが、本当にこの日を楽しみにしていたのは試合の途中で流れるCMです。
試合は生中継で日本でも見ることができますが、1番高い広告費として知られる有名なTVCMはアメリカ国内でしか見ることができません。これも"アメリカならではの経験"の1つです。

今年、30秒あたりについた放送料は約3億円といわれています。それを1分間使ったCMが多く、また映画並みの映像や有名人を起用して作られている物も
多いので一体この短時間にいくらかけているのだろうと想像してしまいます。

ちなみに日本にいるとき、試合は大切だけれど果たしてそれだけのお金をかけたCMを人は見ているのだろうか?トイレに行ったりしないのかと疑問だったのですが
この答えは単純でみんな"見ます"
それも試合よりも、CMになった方が視聴者の関心が集まるくらいです。そのくらい既にCMの域を超えていて試合の途中で流される楽しみとなっています。
また大勢で見ているので、それぞれのCMに対して、みんなで大笑いすることもあれば、つまらないと一斉にブーイングとなるので、ある種諸刃の剣ともいえるなと感じました。

それだけの関心の高さが象徴されるようにスーパーボウルの後には、流されたCMだけを集めた特設サイトがいくつか解説されていてみることができます。
myspace.com 特設ページ
youtube 特設ページ

もちろん、見てそのまま見て頂いてもいいのですが、大変だと思うのでここでは僕がすべて見た中で特に印象に残ったものを紹介したいと思います。
CMの形式としては、何を広告しているCMなのか知らせずに人々の関心を惹いておきながらオチとして会社名がでるというものが多いので社名は伏せて見て頂きたいと思います。

素直に楽しめるもの
01
02
03
04

簡単に解説を書いておきますと
01はFedexのCMで新しい輸送システムとしてGPSとナイトスコープの伝書鳩を開発したがいざ始めるとトラブルが続きで、やっぱりFedexにしようというストーリーです。

02はご存知の通り、マイケルジャクソンのスリラーのプロモーションビデオのパロディ。なぜトカゲかというと、Sobeという飲料メーカーのマスコットがトカゲで瓶に刻印されています。(最初は飲んだときはぎょっとさせられました)

03は、まさに映画並みのクオリティ、ペプシらしい笑いがちりばめられたCMです。それも出演しているのがジャスティン•ティンバーレイク(歌手で男性版ブリトニーともいえるアイドル)で間抜けな姿ばかりがでるので僕はかなりウケました。

04は単純明快、このタイヤなら事故が回避できるという内容を面白くしたもの、このCMは試合開始直後に流されてその後にシリーズで試合中盤に流された
こちらのCMと連動していてずっとウケてました。


他に多くの人にわかりやすいものとして、映画のストーリーを引用したものがあります。
05 ロッキーの曲にのせて
06 これはちょっとわかりにくいですが、ゴットファーザー1の1シーンがモデルです。

ちなみに僕が見ていた家で一番ウケていたのは以下のCMでした。
1番ウケていたCM
チープな作りと早さで、日本人の僕にはいまいち"ツボ"がわからなかったのですがウケてました。広告としては時間も短いですし成功です。

後はシリーズ物で何本も流されていたバドライトのCMが人気でどのCMもよかったのですが特に以下の3本が面白かったです。

バドライト1
バドライト2
バドライト3


特色が出ていて面白かったのはコーラ戦争ともいえるペプシとコカコーラです。
ペプシ
コカ•コーラ

ペプシはポップさが売りで出してくる感じで、曲は15年の古い曲ではありますが、見ていると一緒に動き出したくなるような作りです。別の商品でジャスティン•ティンバーレイクを起用しているのと同じようにここでも歌手が何人も登場してきますし、何より、CMに入ったときのリポーター2人のバックが本物の放送室のようで試合中にみると最初に驚かされます。
対してコカ•コーラは日本でもクリスマスに心が温まるようなCMを例年流していますが、今回もファミリー向けのレトロさとファンタジーさを感じる作りになってます。

総じていれることは、プレゼンテーションの手法と同じで、いかに人を笑わせることで印象に残すことができるかとうことが重要かということを感じます。
他にも映像にお金をかけているものもあるのですが、見たところで「それで?」となってしまいます。

今回は12本を選んで紹介しましたが、他にも面白いものがありますので時間ありましたら、ぜひご覧になって見て下さい。
[PR]
by naomedia | 2008-02-10 15:41 | アメリカ
オバマガール
e0011904_13382170.gif
今年のスーパーボウルはNYGiantsの逆転による優勝となりました。僕も友人の家の大きなリビングのスクリーンの前で20人以上の人たちと叫びながら見てきました。
スーパーボウルという国民的な行事が終わりましたが、今週はもう1つ、より世界の関心が集まるスーパーなこととして、スーパーチューズデーがあります。
もう日本でも連日報道されていると思うので、テレビやネットをあまり見ていない僕よりも皆さんの方が詳しいと思いますが、候補者選びの選挙が州ごとに行われるアメリカですが、その選挙が今回は22の州で同時に行われるのがスーパーチューズデーです。
この日の結果により、11月の本選に多く影響するとされています。

今回は注目が集まっているのはなんといっても、オバマ候補とヒラリー候補の争いです。
街を車で走っていても、至る所で「Obama」や「Hillary」と書かれた看板が庭先に掲げられている家をよく見かけます。
もちろん、他の候補者の名前が書かれている看板もたまにあるのですがほとんどはこの2人の名前です。
特にオバマ候補の看板を目にします。

テレビでは両陣営かなりのCMを流しているようですが、僕はテレビを見ていないのでわかりません。ただ友達との間でも少し話題になったyoutubeのビデオがあるので紹介したいと思います。
オバマガールというビデオで、500万回以上のアクセス数がありアメリカで話題になりました。こちらでムービーを見ることができます。

e0011904_16315383.jpg

内容はオバマ候補に片思いをしてしまった女性の妄想の話です。
曲のサビの部分で、I’ve got a crush on Obama
という言葉が使われているのですが、crushとは夢中という意味と、勝手に思い込んでしまっている片思いや狂っているという両方の意味があるためなんとも絶妙な歌詞になっています。
映像はお色気を利用したジョークが多いため、僕自身複雑な気持ちで見てしまいますが、英語がわからなくても普通に見ていても笑える部分が多々あります。
一応映像の下にオバマガールの歌詞を僕が簡単に和訳したものを載せておきます。

e0011904_16461332.gif
電話で話している部分から
オバマガール
Hey B, it’s me. If you’re there, pick up. ねぇB?そこにいるなら受話器とってよ。
I was just watching you on C-SPAN. ちょうどC-SPAN(公共放送)であなたを見たところなの。
[Sigh] Anyway, call me back. (ため息)まあとにかく、電話してね。

You seem to float onto the floor あなたはフロアを軽やかに優雅に歩くわ。
Democratic Convention 2004 2004年の民主党大会では誰もあなた以上にいいひとはいなかった
I never wanted anybody more than I want you
So I put down my Kerry sign だから私はケリーのサインをおろしたの。
Knew I had to make you mine 気づいたの、あなたを私のものにしなきゃって
So black and sexy, you’re so fine だってあなたはブラックでセクシーですごくいけてるわ。
‘Cause I’ve got a crush on Obama そうだから私はオバマに夢中

I cannot wait, 'til 2008 2008年まで待てないわ
Baby you’re the best candidate あなたは最高の候補者
I like it when you get hard 私はあなたがヒラリーとの討論で厳しく追及する時が好き
On Hillary in debate 
Why don't you pick up your phone? どうしてあなたは電話をとらないの?
'Cause I've got a crush on Obama そうだから私はオバマに夢中
I cannot wait, 'til 2008 2008年まで待てないわ
Baby you’re the best candidate あなたは最高の候補者
Of the new oval office 新しい大統領執務室へ
You’ll get your head of state  あなたはアメリカのリーダーになるわ
I can’t leave you alone 私はあなたから離れられない
‘Cause I’ve got a crush on Obama だって私はオバマに夢中

You’re into border security あなたは警備の囲いの中
Let’s break this border between you and me あなたと私の間のこの囲いを壊しましょう
Universal healthcare reform ユニバーサルヘルスケアの改革
It makes me warm それは私を暖めてくれるわ。
You tell the truth unlike the right あなたは右派とは違って、本当のことを話すわ
You can love but you can fight あなたはいつくしみもあるけど戦うこともできるわ。
You can Barack me tonight ?(名前を使ったジョークのようですがわかりません)
I’ve got a crush on Obama そうだから私はオバマに夢中

I cannot wait, 'til 2008 2008年まで待てないわ
Baby you’re the best candidate あなたは最高の候補者
I like it when you get hard 私はあなたがヒラリーとの討論で厳しく追及する時が好き
On Hillary in debate
Why don't you pick up your phone? どうしてあなたの電話をとらないの?
'Cause I've got a crush on Obama 私はオバマに夢中
I cannot wait, 'til 2008 2008年まで待てないわ
Baby you’re the best candidate あなたは最高の候補者
Of the new oval office 新しい大統領執務室へ
You’ll get your head of state あなたはアメリカのリーダーになるわ
I can’t leave you alone  私はあなたから離れられない
‘Cause I’ve got a crush on Obama だって私はオバマに夢中

B to the A to the R-A-C-K-O-B-A-M-A (Barack Obama)
‘Cause I’ve got a crush on Obama 私はオバマに夢中

あまり丁寧に訳していないため誤訳がある可能性があります。
e0011904_16461332.gif
e0011904_16364839.jpgご覧になるとわかるのですが、素人が作ったような作りになってはいますが、質が高いです。
特に、音楽はすごく耳に残りますし、素人が作れる物としては少し考えにくい部分があります。
実際でいている女性はプロのモデルということでした。
僕はデザイナーなので映像のことは詳しくはわかりませんが、これだけの映像を作るとなるとそれなりの人間と時間とがかかるものだと感じています。

ちなみに、曲の中に登場している「ユニバーサルヘルスケアの改革」とは今回の選挙の焦点でイラクへの対応との2つがよく取り上げられます。ちょっとわかりにくいですが、健康保険が見直されればオバマガールにも恩恵があり、私を暖めるというジョークになっています。また出だしのBとは名前のBarackの略で、勝手にニックネームにしてしまっているというジョークです。

このビデオを皮切りにヒラリーを同じように取り上げたビデオも公開されたのですが、
そちらはジョークよりも完全に選挙応援に見えています。

応援なのかジョークなのかわからない程度のビデオなのが多くの人の関心を引いて話題になったのかもしれません。
また応援じゃないだと思いながら見ていると自然とどこか説得されていくようで、何とも巧妙な説得法に掛かった感じも受けます。

僕としては特定の候補者を応援するつもりで記事を書いている訳ではないですし、
候補者応援のビデオがyoutubeで流されてしまうこと自体には公平性に欠けるので問題もあると思っています。
ただアメリカでの選挙への意識の高さには驚かされてばかりです。
日本の場合、あの政治家はダメだとか、ののしる姿勢はたくさん見かけますが応援するというのはあまり目にしません。

選挙に行っても変わらないという風潮がある日本から来た僕に取っては、
将来に対して前向きな姿勢を肌で感じています。
[PR]
by naomedia | 2008-02-04 16:40 | アメリカ
アメフトの面白さがわかったとき
e0011904_5102684.jpg
2月3日にプロアメリカンフットボールリーグNFLのチャンピオン決定戦のスーパーボウルが行われます。
今年はアリゾナ州のフェニックススタジアムで行われ、1試合の一発勝負というためかアメリカの国民的行事といわれています。
こちらに来てからテレビを見ない生活なので注目度はよくわからないのですが、友人の何人かからはスーパーボウルはどこで見るの?と聞かれたのでやはり注目度は高いようです。

僕の住んでいる近くにはNFLのチームですとサンフランシスコ49ersとオークランド•レイダースがあるのですが残念ながらこれまで見に行ったことはありません。
ただ同じように盛んな大学リーグがあるのでそちらを見に行ったときの様子を紹介したいと思います。

大学リーグとはいってもテレビで中継されていますし、注目度はとても高いです。
プロリーグとの住み分けできていて土曜日の大学リーグ、日曜日のプロリーグという具合になっています。
僕の所属するスタンフォード大学はpac-10というリーグに属していてその名の通り10校で争います。pacとはpacificの略で太平洋側にある大学で北はワシントン州から始まり、オレゴン、カリフォルニア、アリゾナ州の大学が所属しています。

e0011904_1732865.jpgその中でも特にスタンフォード対UCバークレーの試合はBigGameと呼ばれ注目度が高く、チケットは売り出すとすぐに売り切れてしまうという感じです。距離的にも近いということや同じ位の長さの歴史、私立のスタンフォードと公立のUCバークレー、シリコンバレーのスタンフォードとノーベル賞のUCバークレーという具合にライバル意識が強いことも盛り上がる要素になっています。

僕が行ったのはスタンフォードのホームゲームでチケットも探しまわったところ試合開始前になってようやく友人が余分に持っていたことを知り譲ってもらって行くことができました。このチケットがなんと普通の席で5000円以上し、アメフトのチケットは高いと聞いていましたが大学リーグでもこんなにするのだと驚かされました。
スタジアムは大学のキャンパス内にあり、収容人数は約3万から4万人あります。このスタジアムがアメフトのためだけに使われていることが信じられません。

試合は16時にスタートだったのですが、10時頃にはスタジアムの周りにかなりの人が集まり、みんな折りたたみのテーブルを出してはピクニックをしていました。特に年配の人に取っては、年に1度の同窓会の意味合いが強く試合が始まるまで両校OB入り交じってのパーティです。
僕は日本では毎月Jリーグの試合を1、2回は見に行っていたのでスタジアムの雰囲気には慣れているのですが、集まっている人の数や試合前からの活気には驚かされる物ばかりで、まさにスケールが大きくBigGameという名を試合前に体現した気がします。



e0011904_1655487.jpgお昼も過ぎるとUCバークレーのブラスバンドがキャンパスを行進し、雰囲気も盛り上がります。
そしてスタジアムに入ると試合前に両校のブラスバンドの演奏合戦と国歌斉唱とプロではありませんがアメリカらしさを感じさせてくれました。
ブラスバンドによる演奏はハーフタイムがメインになるのですが、相手側ながらUCバークレーの演奏はすばらしかったです。今回はテレビゲームの音楽を演奏しながら、人文字のようにして描かれた絵がピッチ全体をキャンバスに展開されていました。
特にテトリスの音楽に合わせた人文字は美しく感動しました。

試合に関してですが、行く前には正直あまり試合については期待せず、雰囲気だけでも味わいたいと思いスタジアムにところが正直なところです。
うちの大学のチームはとにかく弱く一度テレビ中継を見たことがあったのですが、あまりのミスの多さにうんざりさせられてしまったくらいでした。


この試合でも始まるといきなりチャンスを不意にし、これで今日もダメかと思ったのですが、ビックプレーから一気に先制し、その後追いつかれるも、どうにか最後までリードを守りきり勝つことができました!
途中大差がつき、多くの人がスタンフォードの勝利を確信して席を立つ人もいたのですが、その後もバークレーの攻撃は続き、ワンタッチダウンで引き分けになるところまで追い込まれ、最後の15分間は勝つかそれとも引き分けまたは逆転されるかの一進一退の状況でスタンフォード側の席は全員総立ちの状態と応援が続きました。

アメフトの試合は日本にいるときにもBS1で放送される試合を何度も見たことがあったのですがテレビを通して見ていた僕の印象はプレーしては停まり、プレーしては停まりの何ともスローテンポで興奮しにくいスポーツだなと思っていました。しかし実際に観戦した印象は大きく違い、常にハラハラさせられます。見ていると「あれもうスタートするの?」と感じるくらいにハイテンポで試合は進み、気がつけば大声で叫んでいます。これまで熱中して見ることができなかったのはひいきのチームがなかったからではないかと感じるようになりました。

試合後は一気にスタンドにいた観客が嬉しさとともにフィールドに流れ込み、選手はもみくしゃ状態で、ブラスバンドを中心に大騒ぎです。
スタンフォードの勝利は6年ぶりらしくうれしさもひとしおというところでしょうか。ガードマンがいてそれなりにフィールドに入ることは制限されるのですが、後から聞いた話しですとBigGameの後だけは特例でピッチで騒ぐことが許されるようでした。
そんなことは知らない僕でしたが、一緒に盛り上がりたいと思いフィールドにおりてはしゃいできました。
e0011904_1657017.jpg

ブラスバンドの演奏、みんなが踏みつけることで漂う芝の香り、みんなの喜びの熱につつまれ、これまた実にアメリカらしい体験ができたと思っています。
その夜は、スタジアムを追い出された後も音楽がキャンパス内に鳴り響き、何とも華やかでした。


スーパーボウルはどちらのチームを応援すると決めていないのでここまで熱くはなれない気がするのですが、日本だとどうしても時差があるので、生中継にしてもリアルタイムで楽しみたいと思っています。

BigGameのその他の写真はこちらでみることができます。
[PR]
by naomedia | 2008-02-02 16:59 | スポーツ
車が運転できるようになって
e0011904_17162795.gif
アメリカで生活を始めて3ヶ月が経とうとしています。
周りの人々に支えられながらどうにか生活の準備を整えることができました。

部屋探しから始まり、携帯電話、ソーシャルセキュリティナンバーの取得、銀行口座を開き小切手を持ち、車を購入し、運転免許も取得できたところでようやくこちらに住んでいるという実感が湧いています。
といいますのも、これまでは日本に送るメール等にどうしても「暮らしている」と書けませんでした。心の中でどうしても滞在しているという気持ちが抜けなかったのです。


タイトルにもありますが、先々週、無事カリフォルニアの運転免許も取得でき車を運転できるようになったことが、自分でも信じられないほどに精神状態を一気に大人へと変えてくれました。
不思議なもので自分の足で地面に立っているよりも、あの密閉された空間である車に乗っている方が、ああアメリカに住んでいるのだと実感が持てます。
また免許が届き、これまでIDとして常時携帯していたパスポートを持たなくて済むようになったことも大きいかもしれません。

家から大学の研究所まで、直線距離にして約4キロと自転車で通えるため車を買おうかどうか迷う時期がありました。
また買うと決めてからも日本では車を運転することは週末にはありましたが、自分の車を持ったことがなかったため、車を購入するまでの決断と保険の仕組み等、どうすればいいのかよくわからない不安が続きました。

マイカーを初めて買うときにはいろいろ感慨深いものがあるのではないかと子どものころから想像していたのですが、購入、運輸局に届け出、保険、免許試験のための練習と全く感慨に浸ることもなく過ぎてしまいました。
何よりも買ったものの、本当にアメリカの道路を走れるかどうかが不安ばかりで喜びはそれぞれ心配していたことが無事にクリアできたという安心からでした。


アメリカの道路を走った感想は、意外にも車線が逆なことにはすぐに対応できるということです。知らない道を走ったり、他の人とおしゃべりしながらの運転は未だに大変ですが、車線が逆なことには1週間で慣れました。
試してみるまでは不安でいっぱいでしたが、乗ってみたらば大丈夫だったというのが素直な感想です。

意外にも苦戦したことはウィンカーとワイパーが逆になることです。曲がろうとして何度もワイパーが動いてしまうという教習所さながらのことがありました。(今でもたまにやりますが、)


まだ運転しているときは緊張しているので、なかなか気持ちに余裕はありませんが、車を運転して印象的だったことが一度ありました。
それは実技試験が終わり、合格を告げられた後、DMV(日本で言う運輸局の出張所兼免許センターのようなもの)から帰り道で、一本曲がる道を間違え
路地に入ってしまったときのことです。

試験が朝からだったのでまだ午前中でさわやかな太陽の光が街を照らしていました。知らない街でしたがどこか僕が小学校1年生の頃にテレビで見てテレビで見てアメリカに憧れを持つようになったときの街の様子と似ていた気がしたのです。
ああ、いつかアメリカに少しでいいからすんでみたい〜と思っていたことが今実現しているんだなとそのとき初めて実感できた不思議な体験でした。

自分で好きな場所に移動できることがこんなに意味を持つことだと感じさせられたことは今回が初めての経験です。
でもこちらに来て自転車で一日往復20キロまで頑張っていたことは、もう一度高校時代に戻ったようで奇妙な気持ちを持たされ、いい経験になったと
思っています。

日本で言えば、まだまだ若葉マークを付けなければならない未熟なドライバーなので慢心せず安全運転を心がけたいと思います。
[PR]
by naomedia | 2008-01-30 17:19 | アメリカ